クラウドサービスにはブラックボックスがあり、しっかりと全貌を把握して導入しなければいけません。

クラウドがわかる!便利な機能と役割について
クラウドがわかる!便利な機能と役割について

クラウドサービスのブラックボックス

クラウドがわかる!便利な機能と役割について
IT技術の進歩には目を見張るものがあります。クラウドという技術もその一つです。一般的なITサービスというものは、一昔前までは自社にすべてのサービスが集約していました。災害のリスク回避などでデータを遠隔地に保存しておくなどという事はありましたが、メールサービス、ファイルサービス、セキュリティサービス、その他、自社で扱うサービスはすべて自社内にありました。

現在は、そうではなく、社外にサービスがある事があります。自社でサービスを展開しないという方法です。これがクラウドサービスというものです。これには利点があります。まず、煩わしいシステム構築をしなくて済むという点です。人件費の削減につながります。次に、自社が有事のでもサービスを停止しなくてよいという事です。例えば、メールサービスを社外で賄っていれば、自社に何かあった際でも、メールは使い続けられるという事です。一方、デメリットもあります。それは、システムがブラックボックスになっている事です。トラブルが発生した際に、原因究明を自分たちで行えません。従って、対策も打てないのです。メールサービスでメールが送信できなくなってしまっても、自社のサービスではないので、対応できないという事です。

写真の共有は非常な便利なものです。インターネット上にファイルを保存して共有できるのです。また、日記の共有も非常に楽しいものです。共有するだけでなく、コメント機能などで共感を得る事も可能です。パソコンやスマートフォンを持って、インターネットを検索だけで利用する人は少ないと思います。気づかない内に利用しているサービス、そのサービスはインターネット上で動作しているという事を少しはいしきする必要があります。

おすすめ情報

Copyright (C)2017クラウドがわかる!便利な機能と役割について.All rights reserved.