クラウドは大きく3つの分類に分ける事ができますが、しっかりとその分類を理解しておかなければいけません。

クラウドがわかる!便利な機能と役割について
クラウドがわかる!便利な機能と役割について

クラウドサービスの種類

クラウドがわかる!便利な機能と役割について
最近はやっている、クラウドサービスといっても様々な分類ができます。インターネット経由のソフトウェアパッケージの提供はSoftwareasaServiceといいます。インターネット経由のアプリケーション実行用のプラットフォームの提供はPlatformasaServiceといいます。インターネット経由のハードウェアやインフラの提供はInfrastructureasaServiceといいます。厳密な分類を見てみると非常に言葉を理解するのが難しいですが、わかりやすい一例をあげていけば理解しやすくなると思います。

SoftwareasaServiceは一般的に、電子メールやグループウェアなど、インターネット上でソフトウェアを使うサービスの事を指しています。PlatformasaServiceは仮想化されたアプリケーション実行環境や仮想化されたデータベースの事を指しています。InfrastructureasaServiceはデスクトップ仮想化やサーバ仮想化、共有ディスクの事を指しています。実際にクラウドサービスに関してはこれらの分類で呼ばれています。内容を理解せずにこれらの分類の用語を利用すると、わかっていない人だな、と誤解される事があります。従いまして、全般的に通用するクラウドという言葉を使用する方が無難で、多用する人が多いのです。

また、ストレージサービスが注目されているもう一つの理由は、データ消失のリスクを最小限に抑えることです。社内文書の多くをデータ保存している会社は、管理している自社サーバーのネットワーク環境や設置場所に不安を感じています。突然の自然災害や社内のネットワークトラブルなどで社内サーバーが故障する可能性もあるからです。ストレージサービスの管理者はサーバーを堅ろうな建物内で管理し、複数エリアへの分散化など、万が一の際に備えた対策をたてることで、リスクを最小限に抑えているのです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017クラウドがわかる!便利な機能と役割について.All rights reserved.